【きっかけ】投資を始めようと思った2つの気付き

この記事は

・投資を始めたきっかけ
・長期投資を始めたきっかけ

について触れます。


投資を始めたきっかけは、部署異動になった先の上司でした。

仕事では超怖く尖っているのですが、プライベートな会話は優しく気さくな方でした。

比較的短期な投資を好むようで毎年かなり利益を取っているようでした。

株に興味があった僕は、色々教えてもらっているうちに、ある2つの事に気が付きます。

 ・給料以外の収入があると強気な発言ができるかも
 ・相場観を磨くとマーケティングに使えるかも

1つ目  給料以外の収入があると強気な発言ができるかも

仕事で強気な発言しちゃって、もしクビになることがあったとしても株で給料くらいの収入があると攻めの発言が可能となる。

誰も責任を取りたくなく、置きに行った発言が多い社会で、この発言をできる事とても素晴らしい事でした。

何も決まらない会議が退屈で仕方なかったのですが、引っ張っていってくれるリーダーがいると違います。

自分もこうなりたい!強くそう思いました。

2つ目  相場観を磨くとマーケティングに使えるかも

お客さんが欲しがっているものへ正しく導く。

そして周りに反対されたとしても強く推すことができる。

マネージャーとして、引っ張っていく姿を目のあたりにし憧れました。

株式相場を読む力がそうさせているのではないか? 仕事にも使えるかも?と気づかされたような気がしました。

相場はどっちへ向かって進んでいるのか、そして半年後はどうか、1年はどうか、2年先どうかを考え投資するようになりました。



当時、株式投資と言えば、

デイトレードでしょ!100万くらい簡単に稼いでやる! 30歳までは、負けても勉強代だ!

という気持ちで1年半、毎朝30分、指値注文を入れる生活をつづけました。

日経平均とNYダウの価格変動の理由がなぜなのかよく分かんない。
これが僕が一番最初にあたった壁でした。
毎日エクセルに数字打ち込み、何が起こったのかメモしていこう!
そしてこれが初めに行った投資のログでした。

毎日デイトレードをしていると、株価が気になって仕事が手につかなくなってきます。

勝ち続けていても、大きめの調整や○○ショックで利益全部吹っ飛ぶみたいなことを続けていました。

フォルクスワーゲンの排ガス問題、福山ロスなど結構損益頂きました(笑)

この投資方法は向いていない!精神的消耗が激しい!

長期投資へシフト

短期的な投資は頭がおかしくなりそうだったので、あんまりチャート見ずにバカでも儲かる方法あるんじゃない?と思って行きついたのが、米国高配当株への投資でした。

米国株のメリット

一株単位で買える (10万円とか必要ない)
配当金が年4回もらえる(毎月お金入ってきたら単純にうれしい)
高配当株が多い
何十年も増配している

最初の印象は、利回り3~4%って少な。。。でした。

しかし、受け取った配当金を再投資し、複利効果を得る。

100万円を年利5%でほっといた場合の

毎年使っちゃうパターンと再投資するパータン(複利運用)を、ざっくりと計算して驚きました。

毎年5万円使っちゃう複利差額
0年後100000010000000
1年後105000010500000
2年後1050000110250052500
3年後10500001157625107625
4年後10500001215506165506
5年後10500001276282226282
6年後10500001340096290096
7年後10500001407100357100
8年後10500001477455427455
9年後10500001551328501328
10年後 10500001628895578895
11年後10500001710339660339
12年後10500001795856745856
13年後10500001885649835649
14年後10500001979932929932
15年後105000020789281028928
16年後105000021828751132875
17年後105000022920181242018
18年後105000024066191356619
19年後105000025269501476950
20年後105000026532981603298

配当金を使わずに再投資すると、100万円をほっとくだけで20年後に2.65倍もの差がつくのかと。

1000万円になるとどうなるんだろ?2000万円だとどうなるんだろ?と妄想がたのしかったのを覚えています。

アインシュタイン先生も言ってました”複利は人類最大の発見だ

そこから米国株の長期投資へとシフトしていくのでした。

おわり

History repeats itself.

シェアしてくれるとうれしいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です